テーラー東洋® スカジャンとは?
そのルーツとブランドヒストリー

東洋エンタープライズ株式会社は1965年、東京都墨田区で設立。だがその歴史は1940年代に創業した前身の会社、港商(こうしょう)商会から始まっている。戦後間もない当時、GHQによる経済活動の活発化を目論んだ政策として、日本の経済界を牛耳っていた一握りの財閥解体が行われた。それによって誕生した会社のひとつが、生地などの輸出入を行っていた「港商」である。


戦後間もない混乱の中、当時の銀座界隈には米軍将校を相手とした露店が並び、着物や帯などの日本の伝統品を土産物として欲しがる米兵で溢れかえっていた。その露店街に集まる米兵の姿を目の当たりにし、港商の社員が考案したのがオリエンタルな刺繍を施した土産物(スーベニア)としてのジャンパー。現在では「スカジャン」と呼ばれる「日本発祥の洋服」が誕生した瞬間であった。


形はアメリカ人に親しみやすいベースボールジャケットを模し、刺繍は桐生や足利の職人に依頼。当時は戦後の物資統制で絹糸の入手が難しく、生地はシルクに似た「アセテート」を使用した。港商が露店でそれらを販売すると瞬く間に人気を博す。やがてそのジャケットはPX(米軍基地内の売店)の買い付け担当者の目に止まり、日本各地の基地に納入され、その人気は海外の米軍基地にまでも及んだ。


当時の納品伝票をみると SOUVENIR JACKET(スーベニアジャケット)という商品名で記されており、スカジャンの全盛期とされる1950年代、「港商」は米軍基地PXへのスカジャン納入シェアの95%を占めるほどであった。1970年代以降は、アメリカへの憧れや日本の俳優やスターが着用していることから日本の若者にも広がり、、米海軍横須賀基地周辺で売られていたことから「スカジャン」=(ヨコスカジャンパーの略)と呼ばれるようになった。


港商から始まり、長年にわたってスーベニアジャケットを作り続けてきた「テーラー東洋」。一過性のブームではなく、文化としてスカジャンを継承し続けているこのブランドこそがオリジナルであると言えよう。
(Text & Photo テーラー東洋メーカーカタログより引用)

こちらも合わせて読んでオススメ!
Blog記事:横須賀ドブ板通り「GREEN」店長が語る「スカジャン」の起源、歴史と現在 Read more→



ショップ情報
厳選された高品質なカジュアルウェア、時代に流されないカジュアルウェアのセレクトショップ。お客様にとって「定番」となるスタイルがきっと見つかります。
ショップ情報は、クリックして表示→
品川駅より50分、横浜駅より30分。
京浜急行・汐入駅下車徒歩5分。
  


弊社のオンラインショップ事業は、当Webサイト https://www.green-os.com 上のみで行っております。
Copyright © 1999-2022 GREEN co.ltd. All Rights Reserved.
このWebサイトに掲載の写真、文章、コンテンツの著作権は有限会社グリーン商会に帰属します。
このWebサイト内の写真、文章、コンテンツを事前に了承を得ることなく無断で各媒体に複製、転載、2次利用することは著作権法により禁じられています。Webサイト画像への直接リンクは固くお断りいたします。
Thank you for visiting our onlineshop.
Overseas forwarding service is not available in accordance with the terms and conditions.Thank you for your understanding.